<< 10日目:暴風雨のポルト観光(ポルト泊)+最終日空港へ | main | 食べたもの写真&情報 >>

ホテル写真&情報

旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

これからポルトガル旅行を考えている人に参考になれば…ということで、泊まったホテルの写真と感想を載せておこうと思います。

ホテルの予約は、旅行前に日本からインターネットで行いました。いろいろなサイトがあるかと思いますが、私たちが使ったのはbooking.com。ここで評価が高いホテルの中から、インターネットや駐車場の有無、場所などを考慮して選びました。感想は、あくまでも私たちの主観です。また、季節や部屋の種類などによって宿泊料金は違いますので参考資料としてお考えください。

室内での撮影では、手ぶれしている写真が多くてすみません。資料的価値はあるものと考え、掲載することにしました。また、一部、あえて小さい画像にしているものがありますが、お察しください(笑)。


■リスボン Zenit Lisboa
住所:Avenida 5 De Outubro 11, Lisboa
平均1泊 75.68ユーロ(2011/11/5〜8、3泊、朝食付き)
インターネット:ホテル全域でWi-Fiが使用可能(無料)

地下鉄サルダーニャ/Saldanha駅(黄色ラインと赤ラインの乗換駅)の近く。繁華街であるバイシャ/シアード/バイロアルト地域からは少し離れているけれど、どこに行くにも地下鉄で数駅なので便利。地球の歩き方に載っているレストランは近くにないけれど、徒歩圏内に広場と大通りがあるのでレストランもあり。3泊したうち、2泊の夕食は徒歩圏内のお店でした。

外観がオシャレ。部屋もバスルームも、オシャレで清潔で綺麗。アメニティは、2人が宿泊するのに歯ブラシとシャワーキャップが1個ずつしかなかったのが残念だけど(何故!? まぁ言えばくれたんだろうけど、別に必要なかったから言わなかった)、シャンプー、ボディーミルクの質は悪くなかった感じ。

朝食はバフェ形式。ダイニングも広くてモダンでオシャレ。種類も豊富で、清潔な感じで好印象。パン焼き器が効率的な形のもので興味津々ー。飲み物の中にはスパークリングも!?朝からアルコール!?…と思ったらシードルでした(笑)。コーヒーはホール係のチョイ悪オヤジ系のイケメンがテーブルごとに用意してくれました。




■セトゥーバル Pousada de Setubal - São Filipe
住所:Castelo de São Filipe, Setúbal (Costa Azul), 2900-300
1泊 138ユーロ(2011/11/8〜9、1泊、朝食付き)
インターネット:Wi-Fi(5ユーロ/24時間)

市街地から離れている高台にあるポザーダ。海岸沿いの市場も見てみたいと思っていたから市街地のホテルを予約しようと思ったのだけれど、駐車場がないところが多い。車の心配をしなくてすむほうがいいし、それならちょっとお高いポザーダにしちゃえ!…ということでここに決定。サンフェリペ城の一部が宿泊施設として使われわれているとのこと。逆に、車での移動でなければ、このポザーダに到着するのは難しいかも。

入口は石垣!?この中に綺麗なポザーダが本当にあるの!?…と、アズレージョの施された石段を上がっていくと…サイトに載っていた綺麗なポザーダの入口が。ほっ。入口やホテルの裏側は、無骨な城の城壁や階段が残されているけれど、建物の中は真っ白で綺麗。バルコニー付きのSea Viewのスイートを予約したので、リビング、バスルーム、寝室がそれぞれ扉でしきられた広くてゆったり。バスルームはわりと狭いけど綺麗なタイル張り。アメニティも充実してました。

朝食は、メインダイニングでのバフェ形式。




■エルヴァス Pousada de Elvas - Santa Luzia
住所:Av. Badajoz, Elvas (Alentejo), 7350-097
1泊平均 77ユーロ(2011/11/9〜11、2泊、朝食付き)
インターネット:Wi-Fi(5ユーロ/24時間)

アレンテージョの城壁の街エルヴァスのポザーダ。ポザーダは城壁の外で、大きな道路沿いにありました。ホテルの前に駐車場があるのが便利。地図によるとバスターミナルにも近いので(私たちはレンタカーでの移動だったので確かめなかったけれど)、バス移動の人にも便利かも。

部屋も綺麗でベッドがふかふか。バスルームはセトゥーバルのポザーダと似た感じの綺麗なタイル張り。タオルを温めるヒーターがあったので……洗濯を干させていただきました(超便利w)。

朝食はメインダイニングでのバフェ形式。食べたかったケージョフレシュコ(フレッシュチーズ)が置いてあって好印象♪

インターネットはWi-Fiが使える…はず、なんですが、私たちの部屋はベースステーションから遠い部屋だということで、部屋の中では繋がらず、部屋の前にある共有スペースにノートPCを持って行ってネットしてました。共有スペースもゴージャスで居心地は良かったけれど、やっぱり部屋でできたほうが便利なんだけどな。




■ファティマ Hotel Santa Maria
住所:Rua de Santo António, Fátima (Leiria/Fátima), 2495-430
1泊 58ユーロ(2011/11/11〜12、1泊、朝食付き)
インターネット:Wi-Fi(無料)
駐車場はホテルの地下。

1泊ツインのセミスイートの部屋が58ユーロ! オフシーズンとはいえ、安くてビックリ。Wi-Fi電波が弱くてインターネットに繋がりにくいという欠点はあったけれど、部屋、バスルームは広くて綺麗(いや、むしろ広すぎって思うぐらい)、アメニティも充実。写真の室内1枚目の写真は、ドアを入ったところにあったデッカい棚。この裏が広いベッドルーム。この左側が広ーーい大理石のバスルーム。一番奥にかすかに見えてるのがトイレ。トイレの目の前は磨りガラス。実は、ホテル外観の謎の矢印の磨りガラスが、便座の目の前にある磨りガラス。もし、このガラスがドリフのコントのように突然落ちちゃったら、便座に座っているところが外から丸見え!(笑)…とか考えながら用を足すのはスリルがありました(笑)。

私たち以外にも宿泊客が多かったこともあってか(週末の巡礼地だから?)、朝のバフェも充実。ファティマ自体は、観光地というよりもキリスト教信者の方達の巡礼地、という感じで、観光客にはそれほど魅力的な街ではないけれど、このホテルはすごく良かった。




■アマランテ Hotel Amaranto
Rua Acacio Lino 333, Amarante (Norte), 4600-045
1泊 50ユーロ(2011/11/12〜13、1泊、朝食付き)
インターネット:Wi-Fi(無料)

宿泊はしたけれど、ほとんど観光しなかったアマランテ(すんません)。ホテルは、タメガ川の南側、幹線道路から入ったすぐのところ。既に暗くなってから到着したから…というのもあったかもしれないけれど、看板が見づらく見つけづらかった(むしろ、ホテルに併設?のレストラン(ホテルと同名のAmaranto)の看板の方が見つけ易い)。駐車場はなく、ホテルの前の道路に路上駐車してくれとのこと。

特に文句はないけれど(部屋はそれなりにきれい)、前日に近代的で広いきれいなホテルに泊まっていた事もあって、バスルームが狭いとか、アメニティがしょぼいとか、ちょっとがっかり。いやいや、この値段で泊まるホテルならこれで十分立派でいいホテルだと思いますよ! 併設(?)のレストランは、雰囲気も良かったし、料理もすごーーく美味しく、地元の人たちでにぎわってました。レストランは自信を持ってお奨め。




■ギマランイス Hotel Toural
Largo A L Carvalho, Guimaraes (Braga), 4800-153
1泊 85ユーロ(2011/11/13〜14、1泊、朝食付き)
インターネット:Wi-Fi(無料)

ギマランイスの歴史地区の中にある4つ星ホテル。トウラル広場が見渡せて、観光ロケーションとしては最高のホテル。ただし、レンタカーでホテル入口にたどり着くには一方通行の多い歴史地区の細い道を入っていかなくてはならないのでコツが必要かも(私たちが大変な思いをしたのは旅行記の本文を参照のこと: 「8日目:巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)に遠征」)。車はホテルの係の人が奥の方に駐車してくれる…というバレット形式。この街の中を観光する分には車は必要ないので、バレットでも不便はなし。

歴史地区の中なので、観光には便利。夕飯も、歴史地区の雰囲気を楽しみながら散歩しながらレストランに行ける。部屋もさすがに4つ星、きれいで過ごしやすいところでした。朝食は、めずらしくバフェ形式ではなく、席にセッティングされていました。宿泊人数が少ないからかも。

シャンプーとボディウォッシュは壁に作り付けのディスペンサーから。




■ポルト Pão de Açúcar Bed & Breakfast
Rua do Almada 262, Santo Ildefonso, Porto, 4050-032
1泊 46ユーロ(2011/11/14〜16、2泊、朝食付き)
インターネット:Wi-Fi(無料)

市庁舎の広場から1本西の通りに面したホテル。Bed & Breakfastという名前から民宿っぽい小さいホテルを想像してたけれど、ふつーにホテルでした。ホテル入口は道路に面した間口の狭い扉があるだけなのでわかりづらい(入口の上に小さな看板があるのでそれが目印)。専用駐車場はなくて、近くに契約駐車場があるとのこと。私たちはポルト到着と同時にレンタカーを返してしまったから使わなかったけど。

ホテル全体も部屋もそれほど悪くないけれど、少し壁が薄いかなーという印象。2泊したけれど、1泊目は隣に大家族さんが泊まっているらしく、話し声がちょっと気になりました。アメニティも朝食のバフェも、特別悪くもないけど良くもない、ふつーな感じ(温かい卵などはなかった)。ロケーションには満足。ポルトは徒歩で観光できる街なので、観光の中心として考えるには便利。一番近い地下鉄の駅はAliados(アリアドス)だけれど、隣の駅Trindade(トリンダーデ)も徒歩圏内。トリンダーデには空港に向かうE線も出ているので、空港との交通も便利。





旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

10:45, comments(0), trackbacks(0), - -

Page top

comment









trackback
url:http://travel.chino.boo.jp/trackback/16