<< 7日目:世界遺産強行軍2:ファティマ、トマール、コインブラ | main | 9日目:ポートワインの産地ドウロ川 >>

8日目:巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)に遠征

旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

今日はスペインに遠征。
キリスト教の聖地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラ。その巡礼路が世界遺産になっているわけだし、大聖堂にだけ行っても意味ないんじゃ?…という意見もございましょうが、まぁ、キリスト教徒でもないし、近くまで行くんだから、行かねば!…ということで遠征を決めました。今後、スペイン旅行をすることがあっても、場所的に、ここまで来るのは大変だろうし、ポルトガルから行った方が近そうだしね。

往復で500kmぐらいありそうなので、今日の観光はそれだけ。アマランテを出発して、ギマランイスに戻ってくる。アマランテの観光は、有名な「タメガ川にかかる橋」を写真に収めるだけで終了。せっかく宿泊までしたのに、冷たいヤツです(笑)。

【アマランテ】
・橋の写真を撮って出発

【サンティアゴ・デ・コンポステーラ】(スペイン)
・カテドラル(ミサ中)
・聖ヤコブの棺
・カテドラル併設の博物館(5.00ユーロ)
 (カフェでランチ)

【ギマランイス】
・旧市街地に隣接の広場が工事中でホテルの場所が分からず1時間半うろうろ。観光できず。


(写真をクリックすると大きな写真が表示されます。マウスを動かすとPREV/NEXTというボタンが現れるので、スライドショーのように次々と見ることができます。説明も書いてあるのでご一緒にどうぞ。見づらい方はpicasaにも同じ写真をアップしてあります。)



【旅行メモ】

サンティアゴ・デ・コンポステーラ
9世紀に聖ヤコブ(サン・ティアゴ)の墓が発見されたことから聖地となった場所。ヨーロッパ中から巡礼者がやってくるようになって、その巡礼路が世界遺産に登録されてる。日曜日のミサも行われているし、広場にも人がいっぱい。歩いて北っぽい人たちもいれば、バスで到着したと思われる団体さんもいて、あちこちで団体さんの集合写真を撮ってました。海外の観光地で「団体集合写真」を撮っている姿を見るのって珍しいよね。

特別なミサの日ではないので、ぶんぶんと振り回される有名なボタフメイロは使ってなかったけれど、「あー、ここを大きい香炉が行ったり来たりするのね」という場所をじっくり見てきました。ボタフメイロの実物は併設の博物館で見ることができました。博物館は写真NGだし、ミサ中のカテドラル内部も写真撮るって感じじゃないし、写真はほとんど撮らず。でも、ミサ中なので見られないかと思った聖ヤコブの棺は見られました。

ギマランイス
歴史地区に車で入るところにある広場が工事中だったため、ホテル(Hotel Toural)への入口が分からず、結局1時間半、うろうろすることに…。地球の歩き方は車で移動する人のための情報が書かれてないので、こういうとき、困るんだよねー。それから、地球の歩き方に書いてある「街の入口の壁」にあるというポルトガル発祥の地という文言、入口の壁ってどこだよっ!…って、この文章だけでは分からないよね…。分かりづらーい。観光は翌日に続く。

この日の歩数:8778歩
この日の走行距離:459km

(※写真のキャプションを文字だけで読みたい方は「続きを読む」にて。)
【キャプション一覧】

  • 01 アマランテ観光…といっても、タメガ川にかかる橋(サン・ゴンサーロ橋)を見て写真を撮っただけ。
  • 02 橋を正面から撮った写真。出発は8:30。今日は往復約500kmの巡礼の旅だぜ。
  • 03 ESPANHA(スペイン)へ向かう。
  • 04 国境にある橋を渡る。特にイミグレとかもないのね。すごいなEU。
  • 05 走ること2時間半、サンチアゴ・デ・コンポステーラに到着(11:00)。
  • 06 ガリシア広場の地下駐車場に車を入れてカテドラルへ。街中。
  • 07 ツーリズモインフォメーション。マークのデザインがちょっと違う。
  • 08 カテドラル前のオブライド広場。
  • 09 カテドラル。デッカい。
  • 10 下から見上げたところ。
  • 11 巡礼を終えた集団なのか、カテドラル入口の門のところで集合写真撮影中。こういう人たちをたくさん見ました。
  • 12 門から上がって広場を見たところ。
  • 13 今日は日曜日。ミサ中。特別のミサじゃないからボタフメイロは使われてない。
  • 14 回廊にて。
  • 15 回廊にて。
  • 16 集合写真を撮っている人たち。こんな感じの集団が、あちらこちらに。
  • 17 カテドラルから駐車場に行く途中にあったカフェでお昼。ツナのホットサンドみたいなのと、ケーキ。
  • 18 少し離れたところにあるアラメダ公園からカテドラル全体が見える…というので歩いて行ってみた。ら、こんな像がお迎えしてくれました(笑)。誰?(笑)
  • 19 公園から見たカテドラル。やっぱりデッカい。
  • 20 スペインはセカセカした人が多いのかしら?歩行者用信号にカウントダウンの数字が表示されていてビックリ!観光終了、14:00頃。
  • 21 一路、ポルトガルへ。国境の橋のたもとにあった看板。
  • 22 4時頃、今日の宿があるギマランイスに到着…したのだけど、ホテルが見つからない!…小雨が降る中、あっちに駐車して探し、こっちに駐車して探し…、細ーい路地を抜けたところで……
  • 23 ホテル発見! 路地の、さらに奥の路地に、おしゃれな隠れ家的フランス料理屋さんの入口みたい。こりゃわからん。
  • 24 奥まったところにあるホテル入口。あーよかったー。この時点で街に到着して既に1時間経過。
  • 25 ホテルは歴史地区の中にあって、車で到着するのはコツが必要。ホテルの人に教えてもらった道そたどって、ぐるっと街の外を回っえやっとホテル前に車で到着。そもそもの原因は、ホテルの前にある広場が工事中だったことー。ホテルの部屋に到着できたころには、すっかり暗くなってた(ホテルの窓から)。
  • 26 歴史地区の小道を散歩しながらレストランへ。
  • 27 途中で見つけたお店。愛の言葉を男性に贈るためのハンカチって、これのことだねー。
  • 28 ホテルの人から教えてもらったお店は閉まっていたけど、近くにあったCheersというお店がちょっとおしゃれそうなので入ってみる。
  • 29 おしゃれなお店だったし、料理もおいしかった。一番向こうにあるのはバカリャウコロッケ。その手前が焼きベルペッパー(っていうのか、ししとう?)、一番手前がチキンサラダ、パクチーたっぷり♪
  • 30 地球の歩き方の地図じゃ分からないけど、この部分が「歴史地区」。車で入ると大変なことになる地区。ホテルはその中にある。ゴージャスなホテルで満足だけど、この地図を早めに欲しかった……。

旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

11:06, comments(0), trackbacks(0), - -

Page top

comment









trackback
url:http://travel.chino.boo.jp/trackback/13