<< 6日目:世界遺産強行軍1:オビドス、アルコバサ、ナザレ、バターリャ | main | 8日目:巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)に遠征 >>

7日目:世界遺産強行軍2:ファティマ、トマール、コインブラ

旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

世界遺産強行軍2日目。と書いてみたのはいいけど、よく考えたら世界遺産があるのはトマールだけだった。
でも、この日は観光するものがすごくたくさんある日でした。なんとか写真を厳選してみたものの、もっともっと見せたい写真がいっぱい。雨も降ったけれど、比較的太陽が出ている時間が多くて気持ちのよい1日になりました。

【ファティマ】
巡礼地バシリカ

【トマール】
キリスト教修道院(世界遺産)(6.00ユーロ)
 (広場のカフェでランチ)

コニンブリガの遺跡】(4.00ユーロ)

【コインブラ】
コインブラ旧大学

(写真をクリックすると大きな写真が表示されます。マウスを動かすとPREV/NEXTというボタンが現れるので、スライドショーのように次々と見ることができます。説明も書いてあるのでご一緒にどうぞ。見づらい方はpicasaにも同じ写真をアップしてあります。)




【旅行メモ】

ファティマは「観光地」ではなくて「巡礼地」
土曜日だったこともあるのかもしれないけれど、大型バスが何台も団体さんを運んで来てました。観光する場所ではなく、本当に宗教的な意味での巡礼地なのだろうな、という感じ。見るものは、とにかく全てが「大きい」という感じ。街自体も、巡礼しに来た大量の人に対応した街なのだろうな。毎年、5月と10月の集会の時には、果てしなくでかい広場が人でいっぱいになるのだそうだ。

トマールのキリスト教修道院(世界遺産)
写真は何枚かしかピックアップできなかったけれど、ここも見るところがたくさん。そうそう、街の広場の方から歩いて山道を登って行ったんですが、なんだか「本当に観光地?」っていう感じの、本当に奥深い山道。みんなどこから登るんだろう?車の人はどうやら山の上にも駐車場があったみたい。うーん、情報不足。

コニンブリガの遺跡(ローマ時代の街)
コインブラの南15kmぐらいのところにあるローマ帝国の都市の遺跡。車で行かないと行きづらい観光地だし、ちょっと寄ってみる?と軽い気持ちで行ったんですが、すごく充実してました。広い場所にたくさんの遺跡。写真では表しきれないぐらい見るものがたくさん。モザイク模様の床の保存状態の良さに感動

コインブラ
観光したのは旧大学だけ。コニンブリガの遺跡に時間を割いてしまったので、到着したのは既に4時過ぎ。入場料を払わないと入れない場所には入れませんでした。なので、外から見て写真撮っただけ。そうそう、ここも小高いところにあったので、細い階段をたくさん登りました。ポルトガル観光、体力が必要だね。

・アマランテで食べたタコのフリットが最高に美味しかった!

この日の歩数:16,834歩
この日の走行距離:…メモし忘れ。前日と合わせて678km

(※写真のキャプションを文字だけで読みたい方は「続きを読む」にて。)
【キャプション一覧】

  • 01 ホテルをチェックアウトする前にファティマの観光。街のど真ん中にあるのがデッカいバシリカ。
  • 02 土曜日ということでミサ中。
  • 03 バシリカから見た広場。めっちゃ広い。5月と10月の集会では、この広場が人で埋まるらしい。すごい。
  • 04 広場の一画にある「出現の礼拝堂」。1917年に3人の子供が聖母マリアに出会うという奇跡が起こった場所とか。ここにも人が集まっている。
  • 05 その横にはキャンドルを捧げる場所。お寺でお線香をあげるのと同じ感じなのかな。
  • 06 広場の周りには大型バスがいっぱい。人が次々に降りてくる。シーズンオフでもこの活気。すごい。観光地ではなく、巡礼地。キリスト教信者じゃない私たちは、異端な存在かも。
  • 07 次の観光はトマール。カーナビに案内されて山道をたどってトマールに到着(ファティマから山道で40分ぐらい)。駐車場からキリスト教修道院まで登る道も山道。この写真は石畳だけど、途中、けもの道みたいなところもあって、本当に観光地!?と疑いながら登る。
  • 08 でも、到着してみたら、大きな修道院の跡が。
  • 09 朽ちてしまった12世紀の城の部分と…
  • 10 苔むしているけれどしっかり残っている修道院の部分が、なんだか対照的。
  • 11 みかん
  • 12 修道院内部(テンプル騎士団の円堂)
  • 13 修道院内部
  • 14 回廊と螺旋階段
  • 15 回廊
  • 16 苔むしているけれど、細部にまで彫刻が…
  • 17 修道僧達がいたんだろうなーと思われる回廊
  • 18 アズレージョがきれい
  • 19 アルコバサの修道院のドミトリーは大部屋だったけれど、こちらは個室が並んでる。
  • 20 1つ1つの部屋は狭い。
  • 21 部屋の窓から見えた水道橋
  • 22 ここは食堂。
  • 23 修道院から見下ろしたトマールの街。
  • 24 観光終えて丘を下って来てトマールの街を散策。
  • 25 レプブリカ広場とサンジョアン教会
  • 26 パラソルを出しているカフェが1つあったので、そこでランチ。ビールとスイーツ(笑)。これ全部で3.45ユーロ(400円ぐらい)。
  • 27 次に立ち寄ったのは、それほど期待していなかった「コニンブリガ遺跡」。正確な場所が分からなかったけど、ハイウェイを走っていたら「ローマの遺跡こっち」っていう看板があって、すんなりたどり着けた(トマールから車で1時間半ぐらい。1:50ぐらいに到着)。
  • 28 入場料を払ってオリーブ畑を歩いていると…
  • 29 ローマ時代の街の遺跡がー
  • 30 とにかく広い、とにかく見るものがいっぱい!
  • 31 残っている遺跡は「浴場」というのが多い。これはスチームを循環させるシステムだったかな?
  • 32 共同浴場と会議場ばかりが残っているということは、それ以外のローマの建物は木造だったのかな。
  • 33 これは遺跡のほんの一部。見せ足りない!
  • 34 保存状態がすごくいい床のモザイク。
  • 35 一部は保護用の屋根を付けてありました。ここも公衆浴場で、床がモザイク。
  • 36 このモザイクなんて、数年前に作った、と言われても信じるかも。影はカバ氏と私(笑)。とにかく、見るものがいっぱいで、1時間半ぐらいをここに費やしました。併設の博物館も充実。
  • 37 急いで次を回らなくちゃ、ってことで、大学の街、ポルトガル第3の都市、コインブラ(4:00頃)。
  • 38 黒いマントを着た学生…さんたち?
  • 39 旧大学は丘の上に建ってます。
  • 40 …ということは、とにかく登る、登る、登る…です。
  • 41 到着ー。「無情の門」…の下にあった石畳の模様。
  • 42 門をくぐると旧大学のシンボルと言われている時計塔と回廊。回廊ではラテン語しか話してはいけない…というルールがあったらしく、ラテン回廊呼ばれているのだって。日本語でべらべらしゃべってきました(笑)。
  • 43 建物の方から広場を見るとこんな感じ。小高い丘に建っているのがよくわかる。見学の時間が過ぎていたので、中は見学できず。残念。
  • 44 登った分だけ降りる、降りる。
  • 45 途中で見つけたおしゃれなドア。
  • 46 途中で見つけた不思議なドア。玄関から出ると、いきなり坂道!? 住みづらそう…(笑)。
  • 47 コインブラ見学のあと、車で2時間。アマランテに到着した時には夜の7時になってました。おつかれー。で、仕方ないからホテルの隣のレストランでいいや…と、行ってみたら、なんか人気のあるレストランだったみたい。あっという間に満席に。で、ここで食べたタコのフリットがめっちゃ美味しかった!
  • 48 そして、食後には「焼き栗」! …ふつーに、焼いた、栗、でした。

旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

12:31, comments(0), trackbacks(0), - -

Page top

comment









trackback
url:http://travel.chino.boo.jp/trackback/12