<< 4日目:胃痛でエヴォラ | main | 6日目:世界遺産強行軍1:オビドス、アルコバサ、ナザレ、バターリャ >>

5日目:アレンテージョの小さな街:ルドンドとモンサラーシュ

旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

前日、とにかくゆっくり寝たおかげで少し体調も少しは良くなる。よかったー。

エルヴァスのポザーダには2泊。
この日は、エルヴァスからの日帰り観光。近くの街を2つぐらい観光して、最後に、まだちゃんと見てないエルヴァスを見ようということに。陶器の工房がたくさんある街「ルドンド」と、のどかで小さな城壁の村「モンサラーシュ」に行ってみることにする。

天候は、雨が降ったりやんだり。シントラやロカ岬の時のような暴風雨にはならず、雨の間に時たま晴れまにも恵まれる天気。てくてく散歩しながらの観光だったから、どしゃ雨じゃなくてよかった。


【エルヴァス】
・サンタ・ルジア要塞から街を眺める

【ルドンド】
・ワイン博物館(…というのかツーリズモ)
 (※アレンテージョのワインがたくさん売ってた)
・教会???
・エノテカというワインバー(閉まってる)がある小さな城壁の辺を散歩
・陶器の工房を見学 ポルトガル語で説明してもらう
 (※説明代に…と小さなお皿を1個買うw)

【モンサラーシュ】
・小さな城壁の村(教会、城、城壁)
 (レストランで食事)

【エルヴァス】
・ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会
・城
・水道橋

憧れていたアレンテージョの小さな街(村)で見るものは、なんでも新しくて(城以外は(笑))、写真多めです。キャプション少なめなので、ぼーっと「景色」を楽しんでいただければ…。そういえば、今日は入場料が必要な観光スポットはありませんでした。そして、日本人観光客にも出会わず…でした。というのか、リスボンとポルト以外では、日本人を見かけませんでした。

写真が多くなるってことは、この景色が好きだったんだよね、きっと。また行ってみたいなー、アレンテージョ地方。

(写真をクリックすると大きな写真が表示されます。マウスを動かすとPREV/NEXTというボタンが現れるので、スライドショーのように次々と見ることができます。説明も書いてあるのでご一緒にどうぞ。見づらい方はpicasaにも同じ写真をアップしてあります。)



【旅行メモ】

・今日はハンチング帽のおじさん達をたくさん見られた!
・いい具合に朽ちた感じの街の景色がいい感じ
・ツーリズモインフォメーションが、12:00〜14:00に昼休みを取るところが多い。モンサラーシュでは地図がもらえなかった。残念。
・ICO(※)の世界。どこでも城跡。囚われの少女はどこ?
オリーブ、ぶどう、コルク樫、牛、馬、羊、豚
・収穫が終わったと思われるぶどうの木の枝を切ってないのは何故?
・エルヴァスは家にアンテナが立っていて、景観があまりよくないなー。
・エルヴァス、大きすぎて、あまり城壁の街って感じがしない…。ちょっと残念。
・夕飯を少ししか注文しなかったら(食べられないから…なのだけど)、気を使ってくれたのか、バカリャウ・ア・ブラス(ゴールデンコッド、という英名がついてた)をちょっとだけ味見させてくれた。これがめっちゃ美味しかった!自分が注文したメイン料理よりおいしかった!(笑)
・ポザーダのレストランは「半分」っていう注文の仕方をさせてくれなかった…。

(※ICOはゲーム名。名作。気になった方は検索してみてね。)


こ日の歩数:9162歩
この日の走行距離:208km


(※写真のキャプションを文字だけで読みたい方は「続きを読む」にて。)
【キャプション一覧】

  • 01 今日は9時に出発。エルヴァスの街中の観光は最後に残して、まずは宿の近くにあるサンタルジア要塞へ車で行ってみる。
  • 02 星形の小さな要塞跡。函館の五稜郭はこういうのをお手本にして作られたんだろうなぁ。
  • 03 ここが入り口。
  • 04 城壁の向こう側に見えているのがエルヴァスの街。
  • 05 さて、雨の中、陶器の町ルドンドを目指して、ごー!
  • 06 が、途中の道が通行止め!? ダート道で遭難しかけたり、遠回りをする羽目に…(涙)
  • 07 やっと到着。ルドンドの広場(11:00頃)。広場を撮っているように見えて、実は広場にたむろしているおじさまがたを撮りたかったりして(笑)。
  • 08 これまた、おやじさんたちが撮りたかった。ハンチング帽をかぶったおじさんたちが、なぜか広場にたむろしている。うーん、不思議な光景。
  • 09 広場に面したワイン博物館。実は、このなかにツーリズモインフォメーションがあるのだ。
  • 10 そして、ワインの小売りもしている。アレンテージョワインばかり。価格帯は2.00〜40.00ユーロ。圧倒的に安い。ぶれててゴメン。
  • 11 インフォのお兄さんから地図をもらって、まずは街の中にある、ちいさなちいさな城壁の一角へ。これが城壁の入り口の門。
  • 12 城壁の中には通路が1本。これで全部見渡せてる。
  • 13 だから、ほんの1分歩いたら、向こう側に出ちゃう(笑)。ちっさっ!
  • 14 城壁の中にあるワインバー「エノテカ」。昼だからやってない。残念。
  • 15 城壁の中の陶器工房。入りづらいのでパス。
  • 16 なんだっけ、近くにあった教会。
  • 17 教会内部。
  • 18 宗教画がアズレージョ。きれい。
  • 19 インフォのおにーさんに教えてもらった陶器工房、オラリア・ピラッサ
  • 20 特に見学ツアーとか書いてないけど、覗いてみたら…
  • 21 …おじさんがでてきて丁寧に説明してくれる……ポルトガル語で(笑)。「スペイン語話せる?」って聞かれて、「ううん、英語と日本語だけ」って答えたら困惑しつつも、身振り手振りで説明してくれた。ぶれちゃってるけど、釜を見せてもらってるとこ。…っていうのか、観光客相手に英語使えないって、不便そうー。
  • 22 手招きで絵付け作業の部屋まで見せてくれる。
  • 23 最後にショップに案内される。えーっと、素知らぬ顔しながらも「買うよね?買うよね?」っていうオーラを出しまくっているおじさん。一生懸命説明してくれたし、1枚ぐらい買ってくか…。小さいのを1枚購入。
  • 24 ルドンド観光終了ー。次はポルトガルでいちばん美しい村(の1つと言われている)、モンサラーシュへ。車中からぶどう畑をパチリ。
  • 25 車中から殺風景をパチリ。殺風景マニア的には魅力的な地域
  • 26 見えて来た!あの小高い丘の上がモンサラーシュ。
  • 27 あっちの方は、もう、スペイン。
  • 28 丘を登って行く。
  • 29 駐車場から見える、あの城壁の中がモンサラーシュの村。左のほうにあるのが入り口。
  • 30 入り口を入ると……
  • 31 白い壁、小さな道。
  • 32 お花も咲いてる。
  • 33 地図がないから適当に歩いてたらすぐに広場。
  • 34 その向こうには城跡が見える。行ってみよー。
  • 35 城跡!
  • 36 城跡!
  • 37 城跡! 向こうに見えるのはスペイン方面。
  • 38 城から見たモンサラーシュ全貌(笑)。ちっさっ。
  • 39 城壁と家々が共存してる。
  • 40 道の名前のプレートはこんな感じ。
  • 41 もちろん石畳。特徴のある模様だね。
  • 42 道。
  • 43 道。
  • 44 道と犬。
  • 45 道とお店と犬。そうそう、ポルトガルでは、犬は放し飼いにしているっぽい。
  • 46 道。雨が降ったり、突然日が射して来たり、不思議な天気。
  • 47 可愛らしい窓の飾り。
  • 48 そろそろお腹がすいたのでレストランを探す。他の街でもそうだけど、お店の入り口も、普通の家と同じ感じなので、なかなか見つけられないし、入りづらい(苦笑)。
  • 49 営業してそう…なので、おそるおそる入ってみたら、中は立派なレストラン。
  • 50 えー、で、メニューはポルトガル語。よくわかんないからスープを注文(笑)。
  • 51 赤ワインも。パンやチーズやオリーブは、最初に必ず出てくる。食べなければチャージされない。でも、このチーズは美味しかった。ペコリノロマーノっぽい感じのチーズ。スープの写真は別の機会に。
  • 52 食事後、また村を散策。面白い玄関のノッカー。
  • 53 ノッカー、その2。手!?
  • 54 ノッカー、その3。ぶどう?
  • 55 可愛い窓。
  • 56 可愛らしいモンサラーシュをあとにして、戻ってきましたエルヴァスへ(15:30頃)。
  • 57 昨日から泊まってるエルヴァスだけど、城壁の中に入るのは初めて。
  • 58 街の真ん中、レプブリカ広場。
  • 59 ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会。
  • 60 教会内部。地球の歩き方に「キリストの顔が浮き出している大理石もお見逃しなく」って書いてあったけど、どれだかわかんなかった…。
  • 61 サンタクララ広場に立ってた不思議なオブジェ。
  • 62 で、城。なんだか、もう、写真だけ見たらどこの街の城跡なんだか区別がつかん(笑)。
  • 63 すでにいくつ「城跡」を見たんだっけ。えーっと(笑)。
  • 64 城壁の外側を散歩。
  • 65 わんころたちが勝手に遊んでる。
  • 66 向こうに、午前中に見に行ったサンタ・ルジア要塞が見える。
  • 67 全部は回ってないけど、街の観光はこんなもんで終了。最後は、昨日、出迎えてくれた水道橋を歩いて見に行く。
  • 68 水道橋の一部。
  • 69 エルヴァスの街を写したもの。ルドンドやモンサラーシュと比べて、ガサガサしている印象を持っていたのだけど、理由がわかった気がする。テレビのアンテナ! なんか、生活感が出てしまうし、景観がよくないよね…。残念。
  • 70 昨日は体調不良で夕食食べなかったけど、やっとポザーダの食事をいただきました。バカリャウ・ア・ブラスをちょっとだけお裾分けしてくれた。これがすんごく美味しかった。
  • 71 レストランの雰囲気。1枚だけ持って行ったワンピースを着て行きました。そういう感じのレストランでした。

旅行記(カテゴリ):ポルトガル(2011)

09:48, comments(0), trackbacks(0), - -

Page top

comment









trackback
url:http://travel.chino.boo.jp/trackback/10